TEL・FAXでのお問い合わせ

商品やサービスについて
ご不明な点がございましたら
お気軽にお問い合わせください。

TEL 0765-52-0229 FAX 0765-57-2662

アーカイブ

2014年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ます寿司の植万 富山 黒部からまごころをこめて、お届けします。

植万ブログ

2011年6月アーカイブ

黒部川のサクラ鱒が解禁になったのは初めてのことです。
鑑札を貰った人だけが捕ってもいいのですが、釣りで許可された人、網捕りが許可された人が
おいでになって、釣りも大変、網撮りも大変そうでした。


私が川へサクラ鱒を迎えに行った時、網撮りをしておいででした。
胸まである長いゴムのズボンをはいて、腰まで川に浸かって網を放って捕まえてました。
黒部川はご存知の通り、急流河川で水温がかなり低く流れも強いです。
その中でのサクラ鱒捕りは、さぞかし大変なことと思います。
後に、鑑札を持った皆さんの話によると、 「なかなか捕れるもんじゃない!俺は捕まえられん
かったわー」と何人かの方が話とられました。
川へ行った時に写真を撮っておけばよかったーと残念に思います。


サクラ鱒を捕るということは本当に大変なことだと思います。
植万で 「さくら」ますの寿司 を商品化させていただきましたが、ありがたく、感謝して作らせて
頂いています。  また、感謝して珍しい寿司を 是非!味わっていただきたいと思います。

3月から5月末日まで 黒部川のさくら鱒漁の解禁でした。
ちょっとした出来事を紹介していきます。


「サクラ鱒捕ったよー」と電話がかかってきたら貰い受けに行くのですが・・・・
実は・・・私が初のサクラ鱒を貰いに行った時のことです。
黒部川に捕まえた鱒を首に紐を付けて泳がしているではありませんか!
それを愛犬が見張り番しているのです。    ???魚が逃げないように
見張ってる?誰かが捕って行かないように見張ってる?後者でしょうね。
しかも魚も紐で縛ってるって、犬みたいですよね。
さて、サクラ鱒をバンジュウに入れて車に乗せいざ植万へ!
(@_@)サクラ鱒がバンジュウを蹴飛ばして、車の後ろでピョンスカピョンスカ
はねまくり!!!(>_<)
車の中はウロコと血が飛び散って、ウワー状態。 ぐすっ


この大変さを教訓とせず、社長も同じ目にあったようです。


サクラ鱒には先が思いやられます~~
                
                         つづく


トップページ新着情報植万について伝統の製法お召し上がり方販売店一覧おすすめ商品商品一覧植万ブログQ&Aお客様の声お問い合わせ
このサイトについてお買い物ガイドサイトポリシーログイン会員登録カート特定商取引法に関する表記
植万〒938-0031 富山県黒部市三日市3646 TEL・0765(52)0229 FAX・0765(57)2662